PND
PGO
Alloro125
08年式
現在、AlloroにはclarionのDrivTrax P5と言うPNDが取り付けられている。

PND
シートダンパーの取り付けに際して、シートがフルオープンした場合、シートとLハンドルスイッチとの接触が見られた事からハンドルL側ではなくハンドルR側へ取り付け位置を変更していた。


↑カーソルをポイントすると画像が変化します!
今回の作業は、新たに購入したYUPITERUのYPL520の取り付けとなる為、バーブラケットに取り付けられていたclarion製の取付ブラケットを取り外し、防水ケース付き取付キットに同梱されていたマウント部分を取り付ける。


↑カーソルをポイントすると画像が変化します!
防水ケースに封入したYUPITERUのYPL520を取り付けたマウント部分に固定する。
剛性や強度に勝る代替品が必要な雰囲気…

PND
SYGN HOUSE製の5Vモバイルチャージャーから伸びるMiniUSBに変換アダプタを介して"ホスト機能"に対応したMiniUSBを繋ぐ!

PNDPND
スイッチONでYUPITERUのYPL520が起動

PNDPND
スイッチOFFでYUPITERUのYPL520がシャットダウン


↑カーソルをポイントすると画像が変化します!
ACC電源との連動を確認出来たところで、ガレージ内ではGPSの取得が不可である為、Alloroを屋外に出しGPSの取得を行う!
ガレージから出庫し道路を跨ぐ段差を越える際に自重で下を向く気配が感じられた。
マウントの材質や構造から、実走の際にはディスプレイが視認不可な角度まで下を向くであろう事が予想される。


↑カーソルをポイントすると画像が変化します!
シートがフルオープンした場合、ハンドル位置が水平であった場合にはシートとの接触は避けられそうに無いようだ。