帯封
わらしべ長者
開始:2008.04.10
手法:証券取引
原資:100万円
民主党のトップ2が抱える政治資金規正法違反の疑いに嫌疑不十分と言う理由から不起訴処分と言う一定の結論が下された後に双方の賄賂性(違法性と関与の度合い)の比重によってその明暗が分かれる事となった!
検察審査会において鳩山首相に『不起訴相当』、小沢幹事長に『起訴相当』と言う議決が為された
(元)秘書の逮捕と言う点において共通する事案にも拘わらず、未だ以って国会での参考人招致や証人喚問には至っていない点で民主党の権力構図が小沢幹事長に集中している事が暗に想像出来るが、そもそも民主党と言う政党に組織の内部統制機能が備わっていないと言う点に疑問が着く
内部統制機能が備わっていないのか或いは備わってはいるものの小沢幹事長が矢面に立つと機能しないのかは不透明ではあるが、民主党と言う組織において自浄機能が働かない事に多くの謎を抱かずにはいられない
自浄機能の欠如から国民の反自民党感情が高まり、新鮮な民意として自民党から民主党へと政権が移行した経緯から誕生した民主党政権ではあるが、三党連立政権が生んだ内閣不一致に始まり、ガソリンの暫定税率維持、高速道路料金体系の実質値上げ、日米安保外交の失敗と言った国益に反する政策のみが進められている
内部統制機能が備わらず、自浄機能が働かない政党に政策の策定権限を委ねてしまったのが間違いなのかもしれないが…
既得権益と政官財のパイプを持った事で国益に反する政策を実行し続け利害関係者の私欲を満たす政策を強行して来た自民党政権、理想と現実のギャップに主旨転換を余儀なくされ国民が望む政策を実行出来ず国益に反する政策だけが実行さる民主党政権。。。
事業仕分けと言う大鉈を振りながらも関係各省の利権保護に乗せられる各大臣と一向に機能しない国家戦略室…
国民が望む声の多くは、予算編成で積み上げられた各関係各省の肥大化した人件費(給与及び年金)の制度改革と本来ならば国民に還元されるべき余剰分の税収が出世競争からリタイアした国家公務員の天下り先となる独立行政法人や公益法人に流れる仕組みの解体である!
国家予算の編成過程で積み上げられる上記の予算は国家予算のボリュームを大きく膨らませる要素となっているだけでは無く、適正な資源配分や国家構造の健全性から激しく乖離するものである
これに計上される不適切な予算は国家予算の2〜4割と言われるが、国家予算のB/S(貸借対照表)で負債となる国債発行額、或いは国民や法人から吸い上げた税収がこれらの予算に充当される
現存する企業は90年代前半のバブル崩壊後、肥大化する人件費の削減を主としたリストラクチャリングを断行し、圧縮した資本を本業へと集中する事によって組織の建て直しを実現した
その過程で行われた弱者への皺寄せと言う悪行が存在するが正に痛みを伴う改革がそこには在った!
小泉元総理大臣の構造改革路線で打ち立てた「三者が痛みを伴う改革」でその皺寄せを当てられたのは国民の側であったが国家はその健全性を確立したのであろうか?
国家の構造が幾重にも重なり合いその隙間に利権が存在する以上、健全性の確保は不可能と言える
民主党のトップ2に関わらず現内閣においてその国民の声と国民の痛みを理解し実行する体力は無い!
行くも地獄退くも地獄か…

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。